経営事項審査までの道のり~②行き着く先は入札参加の格付け

  こんばんは。
 
 何のための経営事項審査か、
 

  それは最終的には、希望工事の入札参加の格付けのどの

 ランクに入れるかを決める二大柱の一つ、客観点を確定する

 ためです。


  なので、ただ目の前の工事や決算書等の資料をさばいて、

 決算変更届と分析申請をこなすことに満足するのでなく、
 
 その結果出てくる経営事項審査の点数が、主に、希望する

 自治体の入札参加の格付の基準点との関係で、どこに

 位置付けるかを予測することが大事です。

 そのためには県市町村ごとに違う客観点や主観点の計算の

 仕方を把握しとく必要があります。

  各県市町村では、「発注基準」や「格付け」などの表現で

 公表していますので、ネットでその部分を印刷しとくと便利です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  最後に、ちょっと宣伝です。

 このような節目節目の確認やお知らせをお客様にさせていただき、

 納得していただくことをとても大切に考えております。